皆で立ち向かおう!

都市で使える資格、地方で使える資格について

資格取得に際し検討することの一つには、現在住んでいる場所で資格を取得して働こうとするとどういう仕事がいいのか、あるいは需要にはどういう仕事があるのかを調べる必要があります。

“自分はこういう仕事に就きたいという希望がある。だから資格を取ろうと考えている“と思ったとしても、希望している仕事が自分の住んでいる地域にとって需要がなければ意味がありません。それゆえ、自分の地域ではどういう仕事が多いのか、またどういう職種に需要が集まっているのか、経済状況はどうなのかを調べる必要があります。

都市にはあらゆる企業が集まってきており、今ある職種以上にベンチャー企業を立ち上げる人・企業と共同開発している中小企業など、ごく普通に考える以上に職種は増えています。

その為、自分はこの都市の中でどう仕事をしていったらいいのか・今ある企業に就職するため資格を取得し勉強をしてチャレンジしていくか、あるいはベンチャー企業目指して何を始めたらいいのかを考えながらリサーチが必要です。

例えば、今ある企業に就職する場合にはどういう勉強をしたらいいのでしょうか。実務も経営面での知識も必要でしょう。そうなると、どういう資格を取ってその資格をどう活かしていくかも問題です。

また、都市には地方出身者も都市出身者もいます。当然のことながら、地方出身者も都市出身者もどうアピールしていくかを考えておかねばなりません。もしあなたは、何かアイデアがありますか?

また都市出身者といえども油断は禁物です。地方出身者の優秀な人材が集まるのが都市です。しっかり実務力や営業力のあるビジネスマンが、しっかり知識を蓄えチャンスがくるのを待ってるかもしれません。